カテゴリー別アーカイブ: レーザー治療

アトピー性皮膚炎に対する光線療法Narrow-band UVB療法

アトピー性皮膚炎の治療については、ステロイド外用剤を中心として外用に加えて内服治療が一般的である。しかし、一部の難治性の成人型アトピー性皮膚炎に対しては、PUVA療法やbroad bandUVAやbroad band UVBのコンビネーション療法などの光線療法が有効と報告されている。最近その中で、新しい光線療法のひとつとしてnarrow band UVB治療が注目され、難治性成人型アトピー性皮膚炎に対して使用し、皮膚症状の改善、外用ステロイド剤の外用量減少および弱めのステロイドへの転換が可能となったとの報告がある。 参考文献:前島英樹、衛藤光、MB Derma 116、1-8、2006    {Keyword: アトピー性皮膚炎、Narrow-band、PUVA、光線療法}

カテゴリー: アトピー性皮膚炎, レーザー治療 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

Narrow-band UVB療法

新たな波長特性を持つnarrow-band UVB(以下NB-UVBと略す)は、先進諸外国では一般的な治療法となりつつある①。 #1.NB-UVBはピークだけではなく、ほとんどが311~312nmに分布する非常に幅の広い波長である。 #2.乾癬②、アトピー性皮膚炎③、白斑④、多形日光疹⑤、菌状見肉症⑥、扁平苔癬⑦、結節性痒疹⑧、円形脱毛症⑨、掌蹠膿疱症⑩などに有効性が認められている。 #3.今までのUVBに比べて、効果が優れている。 #4.ソラレンを用いないため遮光など生活の制限がなく、当然胃腸・肝障害など全身の副作用がない。 #5.発癌性はBB-UVBやPUVAに比べて少ないというマウスの実験結果から推定されている。 参考文献 1.森田明理、皮膚臨床46(2)205-216、2004 2.Parrish J A.Jaenicke K F:J.Invest Dermatol 76:359-362、1981 3.George S A et al. Br.J Dermatol 128:49-56、1993 4.森田明理、臨床看護27:1059-1064、2001 5.Bilsland.D et al: Br.J.Dermatol 129:708-712、1993 6.Scherschun L et al J.Am.Aca Dermatol 44:999-1003、2001 7.Clark C et al.Arch … 続きを読む

カテゴリー: アトピー性皮膚炎, レーザー治療, 尋常性乾癬, 掌蹠膿疱症 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。