月別アーカイブ: 2月 2010

サイトカインの種類

カテゴリー: 未分類, <付記> | コメントは受け付けていません。

T細胞の機能による分類

カテゴリー: <付記> | コメントは受け付けていません。

サイトカインの名称

カテゴリー: <付記> | コメントは受け付けていません。

サイトカインの種類と効果

カテゴリー: 未分類, <付記> | コメントは受け付けていません。

掌蹠膿疱症

第6回スプリングセミナーにおいて、数人の皮膚科医と話す機会があり、掌蹠膿疱症についてのコメントをいただいた。 #1.掌蹠膿疱症の患者には扁摘(扁桃腺摘出術)が有効である。しかし、手術を大きな病院たとえば日赤や大学病院に依頼しても、断られることに度々遭遇した。皮膚科の論文のみならず、耳鼻科の論文に扁摘の有効性は記載され、十分に認識されているにもかかわらず。耳鼻科の仕事が忙しいためなのか、扁摘の手術をいとわない耳鼻科医を探す必要性が話題になった。 尚、扁桃腺を刺激してWBC(白血球)や血沈の上昇より手術の適応を判断することは意味のないことが論文で認められる。 #2.藤田保健大学の松永教授の言によれば、扁桃腺の炎症や虫歯、歯槽膿漏など細菌の炎症がある状況が、歯などに使用されている金属アレルギーを邪魔するとのこと。 #3.ある皮膚科医は、関節炎などの症状を伴う重篤な掌蹠膿疱症の症例に対して、少量のネオーラルでコントロールし、軽快中の症例を経験したとのこと。 Keyword { 掌蹠膿疱症、扁摘、虫歯、歯槽膿漏、金属アレルギー、関節炎、ネオーラル }

カテゴリー: 掌蹠膿疱症 | タグ: , , , , , , | コメントは受け付けていません。

帯状疱疹後神経炎に対するデュロテップMTパッチ(経皮吸収型持続性癌疼痛治療剤)の適応拡大

以前より癌性疼痛に有効として使用されていたデュロテップMTパッチ(成分名フェンタニル)が、帯状疱疹の後遺症として問題になっている帯状疱疹後神経炎の疼痛に対しても使用が認可された。外国では以前より、帯状疱疹後神経炎の症例に対して使用されており、本邦での適応拡大が期待されていた。激しい疼痛を伴う帯状疱疹後神経炎の症例にとって1つの選択肢の拡大となりうると思われる。 Keyword{帯状疱疹後神経炎、フェンニタル、デュロテップMTパッチ、経皮吸収型持続性癌疼痛治療剤、帯状疱疹}

カテゴリー: 帯状疱疹 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。