月別アーカイブ: 12月 2012

乾癬に於けるシクロスポリン内服治療の注意点

#1.患者の希望に即してネオーラルの積極的治療を行う事は大切。 #2.ネオーラルはQOL低下の原因となる痒みを軽減。 乾癬の痒みはQOLを低下させている。一方 乾癬の痒みは関節炎の有無、乾癬の重症度(PASI)、羅病期間とは無関係。 #3.ネオーラルの副作用は投与量と投与期間に依存する事が知られている。 低用量を短期間(8~12週間)間歇的に投与する方法が推奨されている。 #4.ネオーラルを3ヶ月投与する間歇的投与を行った場合PASTの低下とともに痒みを改善、QOLの改善をみる。 #5.ネオーラルの副作用では 腎障害、高血圧、発癌に注意。 ネオーラル投与前には血清クレアチニン値2回測定。最初の1ヶ月2回、その後1ヶ月に血清クレアチニン測定。投与前と比べて30%以上上昇したケースはネオーラルを減量・中止。 血圧が140/90mmHgを超えて上昇の場合 アムロジピン、アゼルニジピン、マニジピンなどのCa拮抗薬を処方。発癌については露光部位の皮疹に注意。 #6.肥満の改善でネオーラルの効果。 #7.シクロスポリンはTh17のみならずTh1も抑制。

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

アトピー性皮膚炎に於ける皮膚バリア、免疫、痒みの関係

#1.バリア破壊の原因として「フィラグリン異常」が注目されている。     アトピー性皮膚炎患者では 遺伝子異常に関係なく患部、非患部ともにフィラグリン発現が低下。 #2.外来抗原に対する皮膚免疫反応は多様。     アレルギー反応には①IgEを介した即時型反応                  ②好酸球を介して遅発型反応                  ③T細胞を介して遅発型反応     Thザブセットと疾患と疾患との関連                  Th1 接触性皮膚炎(遅延型)                  Th2 アトピー性皮膚炎(即時型)                  Th17 乾癬 #3.ランゲルハンス細胞やTSLPもアトピー性皮膚炎において重要な役割     ランゲルハンス細胞(-)マウスはアトピー性皮膚炎誘導が減弱。     TSLP受容体(-)マウスはIgEの誘導生じない。 #4.Th2細胞から産生されるIL-31は痒みメディエーター。     アトピー性皮膚炎などのTh2が関与する疾患では      IL-31で多くみられ、Th17が関与する乾癬、自己免疫疾患      では比較的少ない。     Th2細胞が産生されるIL-31はC線維を介して痒みを中枢に伝え、     掻破行動につながる。 (keyword) アトピー性皮膚炎・皮膚バリア・痒み・フィラグリン・ランゲルハンス細胞・TSLP・Th2・IL-31・Th17   

カテゴリー: アトピー性皮膚炎 | タグ: , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。