乾癬に於けるシクロスポリン内服治療の注意点

#1.患者の希望に即してネオーラルの積極的治療を行う事は大切。
#2.ネオーラルはQOL低下の原因となる痒みを軽減。
乾癬の痒みはQOLを低下させている。一方 乾癬の痒みは関節炎の有無、乾癬の重症度(PASI)、羅病期間とは無関係。
#3.ネオーラルの副作用は投与量と投与期間に依存する事が知られている。
低用量を短期間(8~12週間)間歇的に投与する方法が推奨されている。
#4.ネオーラルを3ヶ月投与する間歇的投与を行った場合PASTの低下とともに痒みを改善、QOLの改善をみる。
#5.ネオーラルの副作用では 腎障害、高血圧、発癌に注意。
ネオーラル投与前には血清クレアチニン値2回測定。最初の1ヶ月2回、その後1ヶ月に血清クレアチニン測定。投与前と比べて30%以上上昇したケースはネオーラルを減量・中止。
血圧が140/90mmHgを超えて上昇の場合 アムロジピン、アゼルニジピン、マニジピンなどのCa拮抗薬を処方。発癌については露光部位の皮疹に注意。
#6.肥満の改善でネオーラルの効果。
#7.シクロスポリンはTh17のみならずTh1も抑制。

カテゴリー: 尋常性乾癬   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。