経皮感作と食物アレルギーについて

経皮感作というメカニズムがはっきり提唱されたのは、実はごく最近のこと。

ピーナッツアレルギーに関しては欧米に多くの報告があるが、ピーナッツを食べた事がない乳児にアレルギーが起こるこれらの事実は母乳による感作だろうと推測されていた。

ラック先生はご自身の2003年に行ったコホート研究の結果、乳児期のピーナッツアレルギーにおいては、ピーナッツオイルを配合したスキンケア製品の使用が発症リスクになる可能性をみいだした。

「食べることは経口免疫寛容を促すのであって食物アレルギーを起こすには経皮的な曝露が重要ではないか」という仮説です。

それに加え2006年にフィラグリン遺伝子変異がアトピー性皮膚炎の発症要因になる事が判明して皮膚バリア障害から始まる病変がラック先生の仮説を裏付けることがわかってきた。

更に2009年のJACI(Journal of Allergy and Clinical Immunology )にその説を発表し、二重抗原曝露仮説として公にされた。

いわゆるラック先生の2003年の食物の経皮感作の可能性を示す論文と2006年のアトピー性皮膚炎をめぐるフィラグリン遺伝子の研究が(繰り返しますが)2008年のラック先生の二重抗原曝露仮説の論文になったと思われる。

しかしながら、ピーナッツの経皮感作によるピーナッツアレルギーが全て解明したとは思えない。何故なら、フィラグリン遺伝子変異によるバリアが壊れている人は30%に過ぎず他の70%の人はそれ以外の遺伝子的要因並びに環境要因が関わっていると想定される。

例えば、角質層。セラミドやタイトジャンクション等の皮膚のバリアの防衛機能がどこかで壊れれば同じようなケースが考えられる。

ピーナッツアレルギーは母親がよくピーナッツを食べるからとも言われ、その消費量と空気中に舞っている量が比例するとされているから環境的要因も考えなければいけない。

参考文献:SEMINARIA DERMATOLOGIE (No.221 P.4~14)
(2013.11)

{Keyword: 食物アレルギー・経皮感作・ピーナッツ・フィラグリン遺伝子・皮膚バリア障害}

カテゴリー: その他, アナフィラキシー   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。