尋常性乾癬の爪病変に対する低用量シクロスポリン内服療法

第21回日本乾癬学会において、周東らは尋常性乾癬の爪病変に対し、ネオーラル(成分名:シクロスポリン)が有効であることを述べている。

今回の検討で、ネオーラル内服療法は治療効果が高く、爪病変改善後に減量・中止した際も、爪病変の改善が持続するケースが多く、本剤が爪病変に対する有効な治療法となりうる。

尚、ネオーラルの投与量は多くのケースで、当初2.5~3mg/kg/日で、改善程度により1.5~0.9mg/kg/日に減少。

参考文献:第21回日本乾癬学会2006.9.29~30、周東朋子、安部正敏、石渕裕久、長谷川道子

Keyword{尋常性乾癬、爪病変、シクロスポリン、ネオーラル}

カテゴリー: 尋常性乾癬   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。