タグ別アーカイブ: シクロスポリン

乾癬に於けるシクロスポリン内服治療の注意点

#1.患者の希望に即してネオーラルの積極的治療を行う事は大切。 #2.ネオーラルはQOL低下の原因となる痒みを軽減。 乾癬の痒みはQOLを低下させている。一方 乾癬の痒みは関節炎の有無、乾癬の重症度(PASI)、羅病期間とは無関係。 #3.ネオーラルの副作用は投与量と投与期間に依存する事が知られている。 低用量を短期間(8~12週間)間歇的に投与する方法が推奨されている。 #4.ネオーラルを3ヶ月投与する間歇的投与を行った場合PASTの低下とともに痒みを改善、QOLの改善をみる。 #5.ネオーラルの副作用では 腎障害、高血圧、発癌に注意。 ネオーラル投与前には血清クレアチニン値2回測定。最初の1ヶ月2回、その後1ヶ月に血清クレアチニン測定。投与前と比べて30%以上上昇したケースはネオーラルを減量・中止。 血圧が140/90mmHgを超えて上昇の場合 アムロジピン、アゼルニジピン、マニジピンなどのCa拮抗薬を処方。発癌については露光部位の皮疹に注意。 #6.肥満の改善でネオーラルの効果。 #7.シクロスポリンはTh17のみならずTh1も抑制。

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

尋常性乾癬の爪病変に対する低用量シクロスポリン内服療法

第21回日本乾癬学会において、周東らは尋常性乾癬の爪病変に対し、ネオーラル(成分名:シクロスポリン)が有効であることを述べている。 今回の検討で、ネオーラル内服療法は治療効果が高く、爪病変改善後に減量・中止した際も、爪病変の改善が持続するケースが多く、本剤が爪病変に対する有効な治療法となりうる。 尚、ネオーラルの投与量は多くのケースで、当初2.5~3mg/kg/日で、改善程度により1.5~0.9mg/kg/日に減少。 参考文献:第21回日本乾癬学会2006.9.29~30、周東朋子、安部正敏、石渕裕久、長谷川道子 Keyword{尋常性乾癬、爪病変、シクロスポリン、ネオーラル}

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

以前の乾癬の病態論

乾癬の病態論を考える際、乾癬は表皮の疾患であると推定し、T細胞とよりむしろケラチノサイト(角化細胞)に潜在的異常が存在し、T細胞を含めた刺激が引き金となって表皮の異常増殖へとつながっていたと考えていました。 つまり、INF-γやTNF-αの関与により、T細胞がケラチノサイトの異常増殖を引き起こし、乾癬表皮細胞がVEGF等を産生して血管増生を引き起こし、IL-8、Gro-α等を産生して好中球を浸潤させると考えていました。 活性型ビタミンD3はケラチノサイトの増殖を抑制する効果があり、レチノイドもAP-1に依存してケラチノサイトの増殖を阻止します。しかしながら、T細胞の機能に対して直接的に抑制するシクロスポリンの、乾癬の有効性が明らかになるに従い、T細胞の関与がこれまで以上に注目されるようになってきました。 参考文献①飯塚一、乾癬の予防は期待できるか、第71回日本皮膚科学会総会および学術大会 {Keyword: 乾癬、T細胞、ケラチノサイト、INF-γ、TNF-α、VEGF、IL-8、Gro-α、活性型ビタミンD3、レチノイド、Ap-1、シクロスポリン}

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

尋常性乾癬の新しい治療

当院では症例により、ネオーラル(免疫調整剤)の低量療法及び間歇療法を本年6月より開始している。月に1回の血液検査が必要であるが中等度の尋常性乾癬の症例に対してはかなりの治療効果が期待出来るのではないかと考えている。本来、腎臓移植後の拒絶反応を抑制する効果をもつシクロスポリン(免疫調整剤)が尋常性乾癬の治療に有効であることは尋常性乾癬が免疫異常に関連して発症していることを裏付ける傍証となりえるのではないかと言われている。    {Keyword: 尋常性乾癬、ネオーラル、シクロスポリン}

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。