タグ別アーカイブ: ソバアレルギー

加水分解コムギによる経皮感作について

#1.いわゆる茶のしずく石けん(加水分解コムギ含有石けん)による 加水分解コムギ型小麦アレルギー[Aタイプ]は通常の小麦アレルギーと異なり、以下の特徴を有している。 通常型小麦アレルギー[Bタイプ]は ω-5グリアジンと高分子グルテニンのいずれか、または両方にアレルギーを示すのに比べ加水分解コムギ型小麦アレルギーは、多くは小麦とグルテンに対してアレルギーを示す。 #2.加水分解コムギ含有石けんの使用とは無関係に小麦アレルギー[Bタイプ]を発症する患者は全身の膨疹、蕁麻疹が主症状であるのに対して [Aタイプ]は眼瞼浮腫の主症状を伴う。 [Aタイプ]が顔面浮腫を主体とする理由は、加水分解含有石けんを顔面に使用した為。まず、接触蕁麻疹を発症し その後交叉反応の為 経口摂取した小麦蛋白質でアレルギーを起こした。 [Aタイプ]は原因となる石けんが 洗顔のため顔面に使われ、値段が高いため体中には使用してなかった。また、圧倒的に患者は女性が占め感作部位が顔面であり 眼瞼浮腫を呈した。 #3.[Aタイプ]は加水分解コムギ含有石けんの使用を中止すると 小麦グルテンIgEもどんどん低下し陰性になります。すなわち [Aタイプ]の場合、IgEは数ヶ月から数年で低下し、しかも症状も軽減し小麦製品も少しずつなら食べてもよい状態になります。 ここで疑問になるのは、ソバアレルギーです。ソバアレルギーの場合はずっと制限していた状態が続いた後 間違えて摂取しアレルギーを起こすことはよくあります。その違いは、ソバは自然界に存在する蛋白質で 我々は絶えず曝露されている状態にあるのに対し、この加水分解コムギは自然界には存在しない人工的な蛋白質なので それに対して作られたIgEは低下していきます。 #4.加水分解コムギ含有石けん ならびに食物に入っている加水分解コムギは様々な種類の加水分解コムギの中で この2つだけ分子量の大きい蛋白質を多く含有していた。また、患者の血液が過敏に反応することがわかった。つまり、高分子蛋白質がひとつの問題点。 #5.[Aタイプ]の患者は小麦・グルテンCAP-RASTで経過を追っていくと、ほとんどの患者で値が低下。しかし、完治の状態に至っていない。(2013.9.20) ※参考文献(Seminaria Dermatologie No.221 P4~P14) {Keyword: 加水分解コムギ・経皮感作・小麦アレルギー・膨疹・蕁麻疹・眼瞼浮腫・ソバアレルギー・小麦グルテン・CAP-RAST}

カテゴリー: その他, アナフィラキシー | タグ: , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。