タグ別アーカイブ: ネオーラル

乾癬に於けるシクロスポリン内服治療の注意点

#1.患者の希望に即してネオーラルの積極的治療を行う事は大切。 #2.ネオーラルはQOL低下の原因となる痒みを軽減。 乾癬の痒みはQOLを低下させている。一方 乾癬の痒みは関節炎の有無、乾癬の重症度(PASI)、羅病期間とは無関係。 #3.ネオーラルの副作用は投与量と投与期間に依存する事が知られている。 低用量を短期間(8~12週間)間歇的に投与する方法が推奨されている。 #4.ネオーラルを3ヶ月投与する間歇的投与を行った場合PASTの低下とともに痒みを改善、QOLの改善をみる。 #5.ネオーラルの副作用では 腎障害、高血圧、発癌に注意。 ネオーラル投与前には血清クレアチニン値2回測定。最初の1ヶ月2回、その後1ヶ月に血清クレアチニン測定。投与前と比べて30%以上上昇したケースはネオーラルを減量・中止。 血圧が140/90mmHgを超えて上昇の場合 アムロジピン、アゼルニジピン、マニジピンなどのCa拮抗薬を処方。発癌については露光部位の皮疹に注意。 #6.肥満の改善でネオーラルの効果。 #7.シクロスポリンはTh17のみならずTh1も抑制。

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

尋常性乾癬の爪病変に対する低用量シクロスポリン内服療法

第21回日本乾癬学会において、周東らは尋常性乾癬の爪病変に対し、ネオーラル(成分名:シクロスポリン)が有効であることを述べている。 今回の検討で、ネオーラル内服療法は治療効果が高く、爪病変改善後に減量・中止した際も、爪病変の改善が持続するケースが多く、本剤が爪病変に対する有効な治療法となりうる。 尚、ネオーラルの投与量は多くのケースで、当初2.5~3mg/kg/日で、改善程度により1.5~0.9mg/kg/日に減少。 参考文献:第21回日本乾癬学会2006.9.29~30、周東朋子、安部正敏、石渕裕久、長谷川道子 Keyword{尋常性乾癬、爪病変、シクロスポリン、ネオーラル}

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

掌蹠膿疱症

第6回スプリングセミナーにおいて、数人の皮膚科医と話す機会があり、掌蹠膿疱症についてのコメントをいただいた。 #1.掌蹠膿疱症の患者には扁摘(扁桃腺摘出術)が有効である。しかし、手術を大きな病院たとえば日赤や大学病院に依頼しても、断られることに度々遭遇した。皮膚科の論文のみならず、耳鼻科の論文に扁摘の有効性は記載され、十分に認識されているにもかかわらず。耳鼻科の仕事が忙しいためなのか、扁摘の手術をいとわない耳鼻科医を探す必要性が話題になった。 尚、扁桃腺を刺激してWBC(白血球)や血沈の上昇より手術の適応を判断することは意味のないことが論文で認められる。 #2.藤田保健大学の松永教授の言によれば、扁桃腺の炎症や虫歯、歯槽膿漏など細菌の炎症がある状況が、歯などに使用されている金属アレルギーを邪魔するとのこと。 #3.ある皮膚科医は、関節炎などの症状を伴う重篤な掌蹠膿疱症の症例に対して、少量のネオーラルでコントロールし、軽快中の症例を経験したとのこと。 Keyword { 掌蹠膿疱症、扁摘、虫歯、歯槽膿漏、金属アレルギー、関節炎、ネオーラル }

カテゴリー: 掌蹠膿疱症 | タグ: , , , , , , | コメントは受け付けていません。

ネオーラルとそのジェネリック系薬剤となるネオメルク

さる皮膚科の講演会で、2人の皮膚科教授がネオメルクはネオーラルのジェネリックではないと発言されていたので、この件について検討してみた。 1. ネオーラルは、サンデミュン免疫抑制剤をマイクロエマルジョンの製剤技術により、吸収を改良した薬剤である。マイクロエマルジョンの技術特許により、ネオメルクはネオーラルと同等の吸収効果が期待できない。 2. 実際当院ではネオメルクを変更した患者さんが2名、ネオーラルの方が皮疹の効果がみられたと申し入れがあり、ネオーラルに戻したケースがあった。 3. ただメーカーに確認したところ、ネオメルクはその他のサンデミュンのジェネリックと違い、よりよくするために改善されているという。つまり、他のジェネリックよりネオメルクが、ジェネリックとしては望ましいとのこと。 4. 今回厚生省は、ネオーラルは単にサンデミュン製剤の変形であり、ネオーラルと同じサンデミュンのジェネリック製剤は、さも同じ治療効果を期待できるかのように分類している。けれど私は、油溶性のサンデミュンの吸収効果をあげるように工夫し、その特許があるネオーラルが1日の長があるように思う。同様のことが、イトリゾールとイトリコナゾールの内服にもいえ、吸収の差違により爪甲白癬の効果が大きく違ってくる。 これらの事実を、厚生省は意識的に公表を避けている。ジェネリックを勧めるのは良いが、この点をはっきりしないと医師として患者に処方する場合、後手後手になってしまう。先発メーカーに圧力をかけて、これらの事柄を医師に説明するのが遅れている可能性があり、患者にとってもさらにこれら薬剤についての詳細な情報が知らされていない状況が否定できない。 (2007.12.06)  {Keyword: ネオーラル、ネオメルク、ジェネリック薬品、マイクロエマルジョン、イトリゾール、イトリコナゾール}

カテゴリー: 薬/くすり | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

尋常性乾癬と掌蹠膿疱症の患者数

2006年12月より2007年1月18日までの期間、当院に1回以上受診された患者数を調べた結果 尋常性乾癬 100名 掌蹠膿疱症  34名 尋常性乾癬・掌蹠膿疱症とも、治療に抵抗性・難治性疾患であり、治療として光線療法、ビタミンDの内服、漢方薬、ステロイドの外用、ビタミンDの外用などを行っている。 広範囲に病巣が拡大し、通常の治療に対して反応の悪い患者に対しては、ビタミンAの誘導体であるチガソン、免疫調整剤として知られるネオーラル・ネオメルクの併用を行って効果をあげている。 今回の調査で尋常性乾癬100名の内、ネオメルク14名、ネオーラル7名、チガソン4名の投薬症例が確認された。 (2007.1.22)  {Keyword: 尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、光線療法、ステロイド、ビタミンD、ネオーラル、ネオメルク、チガソン}

カテゴリー: 尋常性乾癬, 掌蹠膿疱症 | タグ: , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

尋常性乾癬の新しい治療

当院では症例により、ネオーラル(免疫調整剤)の低量療法及び間歇療法を本年6月より開始している。月に1回の血液検査が必要であるが中等度の尋常性乾癬の症例に対してはかなりの治療効果が期待出来るのではないかと考えている。本来、腎臓移植後の拒絶反応を抑制する効果をもつシクロスポリン(免疫調整剤)が尋常性乾癬の治療に有効であることは尋常性乾癬が免疫異常に関連して発症していることを裏付ける傍証となりえるのではないかと言われている。    {Keyword: 尋常性乾癬、ネオーラル、シクロスポリン}

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。