タグ別アーカイブ: 扁平苔癬

C型肝炎患者に併発する皮膚症状

(1)扁平苔癬 口腔粘膜の扁平苔癬患者の8~24%がHCV陽性インターフェロン(interferon:IFN)治療によりウイルスが排除されても扁平苔癬の病変は改善しない場合や、治療中に扁平苔癬が悪化して疼痛を生じ接種障害を呈する。 (2)シェーグレン症候群 C型肝炎患者では、血清学的にポリクローナルな高γグロブリン血症、SS-A抗体、SS-B抗体、リウマチ因子、抗核抗体などが陽性を呈することがある。眼球、口腔の乾燥症状を特徴とするsicca症候群、関節痛を伴う。 シェーグレン症候群の診断基準を満たす人も、C型肝炎患者の25%いる。 (3)クリオブログリン血症 C型肝炎患者にみられるクリオグロブリン血症はⅡ型で、その本態はHCV粒子を含むIgMとIgGからなる免疫複合体である。 クリオグロブリン血症は、シェーグレン症候群でもみられて血管炎による下腿の紫斑、リベドや多発単神経炎の症状がみられる。 (4)非ホジキン型β細胞性リンパ腫 C型肝炎患者においては、非ホジキン型β細胞性リンパ腫の発症が多い。インターフェロン治療によりウイルスが消失すると、消退するケースが多い。 参考文献:今泉信一、C型肝炎患者にみられる皮膚症状、第61回日本皮膚科学会西部支部学術大会、マルホ皮膚科セミナーNo.209、P8~10 {Keyword: 扁平苔癬、C型肝炎、インターフェロン、シェーグレン症候群、クリオグロブリン、非ホジキン型β細胞性リンパ腫}

カテゴリー: その他 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

Narrow-band UVB療法

新たな波長特性を持つnarrow-band UVB(以下NB-UVBと略す)は、先進諸外国では一般的な治療法となりつつある①。 #1.NB-UVBはピークだけではなく、ほとんどが311~312nmに分布する非常に幅の広い波長である。 #2.乾癬②、アトピー性皮膚炎③、白斑④、多形日光疹⑤、菌状見肉症⑥、扁平苔癬⑦、結節性痒疹⑧、円形脱毛症⑨、掌蹠膿疱症⑩などに有効性が認められている。 #3.今までのUVBに比べて、効果が優れている。 #4.ソラレンを用いないため遮光など生活の制限がなく、当然胃腸・肝障害など全身の副作用がない。 #5.発癌性はBB-UVBやPUVAに比べて少ないというマウスの実験結果から推定されている。 参考文献 1.森田明理、皮膚臨床46(2)205-216、2004 2.Parrish J A.Jaenicke K F:J.Invest Dermatol 76:359-362、1981 3.George S A et al. Br.J Dermatol 128:49-56、1993 4.森田明理、臨床看護27:1059-1064、2001 5.Bilsland.D et al: Br.J.Dermatol 129:708-712、1993 6.Scherschun L et al J.Am.Aca Dermatol 44:999-1003、2001 7.Clark C et al.Arch … 続きを読む

カテゴリー: アトピー性皮膚炎, レーザー治療, 尋常性乾癬, 掌蹠膿疱症 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。