タグ別アーカイブ: 活性酸素

ニキビに対するレーザー治療

ニキビに対して、当院においては3タイプにレーザー治療を行っている。 #1.CO₂ laser theray 皮膚科の手術によく使用されるCO₂レーザーにより白色の丘疹、面疱(comedo) および膿疱などの皮疹に対して、直接スポットでレーザー照射を行い皮疹の早期改善 を促す。 料金は10ショット以下¥1000、10~20ショット¥2000で、週1回から 月1回の治療頻度で行っている。 #2.Vbeam レーザー Vbeamレーザーは、本来単純性血管腫などの血管腫に対するレーザーとして開発され たものであるが、酒さ(赤ら顔)に加えて赤味の強いニキビおよびニキビの跡、ケロイド瘢痕全 般に対して有効性が認められている。 料金は保険外で1回¥10500。月1~2回予約制で行っている。 #3.PCLTレーザー(別名ブルーレーザー) PCLTレーザーは、当院が開発に携わったレーザー装置であり、青色の波長の レーザーをニキビの皮疹に対して照射することにより、活性酸素の発生を誘導し ニキビの毛疱内の細菌除菌を促すのみならず、ニキビの跡の改善にも有効であった。 当院では、装置が2台あるため週1~2回、料金は1回¥500で患者さんに行っ ている。時間が15分かかるため、予約制で行っている。 これらニキビに対するレーザー治療は、通院し内服・外用の投薬治療に加えて行うものであり、また当然日頃の規則正しい生活習慣が病状改善の上で大事であることは言うまでもない。 2009.4.1 {Keyword: ニキビ、尋常性痤瘡、膿疱性痤瘡、CO₂レーザー、面疱、Vbeamレーザー、酒さ、単純性血管腫、ケロイド瘢痕、ニキビ跡、PCLTレーザー、活性酸素}

カテゴリー: にきび/ニキビ | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。