タグ別アーカイブ: 肥満

乾癬に於けるシクロスポリン内服治療の注意点

#1.患者の希望に即してネオーラルの積極的治療を行う事は大切。 #2.ネオーラルはQOL低下の原因となる痒みを軽減。 乾癬の痒みはQOLを低下させている。一方 乾癬の痒みは関節炎の有無、乾癬の重症度(PASI)、羅病期間とは無関係。 #3.ネオーラルの副作用は投与量と投与期間に依存する事が知られている。 低用量を短期間(8~12週間)間歇的に投与する方法が推奨されている。 #4.ネオーラルを3ヶ月投与する間歇的投与を行った場合PASTの低下とともに痒みを改善、QOLの改善をみる。 #5.ネオーラルの副作用では 腎障害、高血圧、発癌に注意。 ネオーラル投与前には血清クレアチニン値2回測定。最初の1ヶ月2回、その後1ヶ月に血清クレアチニン測定。投与前と比べて30%以上上昇したケースはネオーラルを減量・中止。 血圧が140/90mmHgを超えて上昇の場合 アムロジピン、アゼルニジピン、マニジピンなどのCa拮抗薬を処方。発癌については露光部位の皮疹に注意。 #6.肥満の改善でネオーラルの効果。 #7.シクロスポリンはTh17のみならずTh1も抑制。

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

乾癬と肥満

最近、乾癬と肥満の関連性が注目されている。 BMI25以上という日本の肥満基準(ちなみにWHOの基準ではBMI30以上)で当てはめると、米国では全人口の3分の2の人が、日本では男性の約30%、女性の約20%が肥満と診断される。また、乾癬患者の多くに肥満がみられると報告されている① 肥満組織はいろいろなアディポサイトカインを出しているが、その中のアディポネクチンが注目されている。BMIと血中アディポネクチン濃度には負の相関関係があり、血中アディポネクチン濃度が低いほど肥満度が高くなるという。さらに乾癬患者においては、血中のアディポネクチン濃度が低下していると報告されている②③ TIP-DCのTh17への分化を誘導するサイトカインであるTNF-αとIL6をアディポネクチンが抑制しており、肥満が進行するとアディポネクチンが低下することになり、TNF-αやIL6の産生を抑制できない。その結果として、乾癬の発症や悪化に導くと予想されている。 ①Henseler T.et al :Am Acod. Dermal,32:982-986,1995 ②谷守他、第21回日本乾癬学界記録集2006 ③Arita Y. et al: Biphys Res,Comman 257:79-83 {Keyword: 乾癬、肥満、BMI、アディポサイトカイン、アディポネクチン、TIP-DC、Th17、TNF-α、IL6}

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。