タグ別アーカイブ: 腎障害

乾癬に於けるシクロスポリン内服治療の注意点

#1.患者の希望に即してネオーラルの積極的治療を行う事は大切。 #2.ネオーラルはQOL低下の原因となる痒みを軽減。 乾癬の痒みはQOLを低下させている。一方 乾癬の痒みは関節炎の有無、乾癬の重症度(PASI)、羅病期間とは無関係。 #3.ネオーラルの副作用は投与量と投与期間に依存する事が知られている。 低用量を短期間(8~12週間)間歇的に投与する方法が推奨されている。 #4.ネオーラルを3ヶ月投与する間歇的投与を行った場合PASTの低下とともに痒みを改善、QOLの改善をみる。 #5.ネオーラルの副作用では 腎障害、高血圧、発癌に注意。 ネオーラル投与前には血清クレアチニン値2回測定。最初の1ヶ月2回、その後1ヶ月に血清クレアチニン測定。投与前と比べて30%以上上昇したケースはネオーラルを減量・中止。 血圧が140/90mmHgを超えて上昇の場合 アムロジピン、アゼルニジピン、マニジピンなどのCa拮抗薬を処方。発癌については露光部位の皮疹に注意。 #6.肥満の改善でネオーラルの効果。 #7.シクロスポリンはTh17のみならずTh1も抑制。

カテゴリー: 尋常性乾癬 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

腎機能低下患者に対する抗ヘルペスウイルス療法

①腎機能低下の存在を想定する。 腎機能の既往、透析施行の有無を確認するとともに、70歳以上の高齢者の腎機能は正常の50%以下と考え、抗ヘルペスウイルス薬の減量を考慮する。尚、血清クレアチニンを測定することが望ましい。 ②NSAIDSの併用を見直す。 帯状疱疹治療において、疼痛のコントロールにNSAIDSを併用することが多いが、それによって抗ヘルペスウイルス剤の排泄を遅延させ、副作用の発生を増大させる危険性がある。そこで70歳以上の高齢者においては、アセトアミノフェンを第一選択とし、三環系抗うつ薬やガバペンチンなどの抗てんかん薬の併用が選択肢考えられる。 ③腎障害、脳症の発症の予防。 アシクロビルによる腎障害は、腎臓でアシクロビルが結晶化することによる尿細管閉塞が原因とされ、その予防として抗ヘルペスウイルス薬投与時には十分な水分補給が重要である。 ④腎障害、脳症の発生の早めの感知。 乏尿に急性腎障害では最も注意し、脳症では吐気を催した場合や日常の状態と異なる状況および言動を認めた場合に、本症を疑う。 ⑤腎障害、中枢神経障害が発生した場合。 まず、抗ヘルペスイウルス薬の投与中止、または減量をする。ある程度排尿がみこめるケースでは、補液排泄尿が十分に出ないようであれば血液透析を、透析患者の場合は血液透析のみが対処法である。 参考文献:安元慎一郎、第108回日本皮膚科総会イブニングセミナー、腎機能低下者における抗ヘルペスウイルス療法の対策、2009.4.25.福岡 {Keyword: 帯状疱疹、NSAIDS、アセトアミノフェン、三環系抗うつ薬、ガバペンチン、アシクロビン、クレアチニン、脳症、腎障害}

カテゴリー: 帯状疱疹 | タグ: , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。